診療科・医師紹介

診療科

内科

循環器

心筋梗塞、狭心症、不整脈、高血圧、心不全など、循環器疾患は日本人の死亡原因の上位に挙げられる、非常に怖い病気です。高血圧や不整脈がある場合は、重篤な疾患を引き起こさないよう、日頃の健康管理が何よりです。
当院では、日常の健康管理から診断、治療まで、専門医が担当し、きめ細かなアドバイスやケアを行います。

糖尿病

糖尿病疾患は増加の一途をたどっています。自覚症状が少ないため、疾患に気づかない場合が多く、放置したままでいると、眼、腎臓などへの合併症を引き起こしやすく、注意が必要です。
管理栄養士による栄養、食事指導を含め、予防から治療までベテラン医師が担当します。

外科

消化器(胃腸科)

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸などの消化管と肝臓、胆道、すい臓などの疾患、ヘリコバクターピロリを治療します。特に肝臓、胆道、すい臓などは、自覚症状が乏しく、病気が見つかりにくいため、定期的な診断が必要になります。
当院では、経験豊富な専門医が、検査、診断、治療を担当します。

肛門科

痔、裂肛、痔瘻、肛囲膿腫などの疾患を治療します。痔などの疾患は、専門医にかからず売薬治療で済ませてかえって症状を悪化させている患者さんが多いようです。肛門の痛み、痒み、出血がある場合は、必ずご相談下さい。
当院では、痔ろう、肛門周囲膿瘍などに対し手術を含め、専門医が診察を行なっており、四段階注射法(日帰り入院で済むジオン注射療法)の症例が増えてきています。
専門医が丁寧に診察、治療いたします。

整形外科

老化に伴う骨粗鬆症、変形性関節症などは増加の一途をたどっています。平素からの健康管理がもっとも大切なのですが、いざ症状がでたときには早期の治療をお勧めします。また、リウマチ、痛風などの代謝性疾患なども長期の管理が大切で、専門医による適切なアドバイスをいたします。膝や足関節のスポーツ外傷などの外傷は、後遺障害を最小限に抑えるため、早期の適切な治療が大切です。その他、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患なども長期戦で望まなければならない疾患です。
お気軽にご相談下さい。